薬用アットベリーは“ぶつぶつ”を改善する成分は配合されている?

大手口コミサイトの評価も高い黒ずみ毛ケアクリームである薬用アットベリージェル。無添加素材で低刺激なので敏感肌でも使いやすい特徴があります。

そんな薬用アットベリージェルの特徴として、肌に出来る“ぶつぶつ”を改善する働きにも期待が出来るんです。

そんな背中や腕にできる“ぶつぶつ”を改善する成分はしっかりと配合されているのか調べてみました。

 

水溶性プラセンタエキスでぶつぶつにアプローチ

 

そもそも背中や腕に出来る“ぶつぶつ”って何か分かりますか?

背中や腕に出来る“ぶつぶつ”は、正式名将は「毛孔性苔癬」と呼ばれており、

  • 背中
  • おしり
  • ふくらはぎ
  • 太もも

といったように全身にできる症状です。

 

この毛孔性苔癬の原因としては、毛穴に角質が蓄積されて出来ることによって出来る症状で、誰でも出来てしまいます。

 

そんな毛孔性苔癬を改善する上での必要な効果としては詰まった角質を除去する必要があります。またターンオーバーを促進させる必要もあります。

このような働きが期待できる成分はしっかりと配合されているのでしょうか?

 

背中や腕にできるぶつぶつは、薬用アットベリージェルに含まれる「水溶性ブラセンタエキス」がぶつぶつに効果的にアプローチをすることが可能です。

水溶性プラセンタでではアットベリーの有効成分として配合されているエイジング成分で、黒ずみに有効な成分でもあります。

 

そんな水溶性プラセンタの働きは以下のとおりです。

  • 新陳代謝を活性化(ターンオーバー促進)
  • 角質ケア

このように、背中や腕にできる“ぶつぶつ”を改善するのに必要な要素が詰まっている成分であります。

 

また背中や腕に出来る“ぶつぶつ”は乾燥を防ぐことでも改善に期待が出来ます。

薬用アットベリーでは6つの高品質な保湿成分を配合しています。

  • セラミド
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • エラスチン
  • トレハロース
  • アラントイン

これら6つの保湿成分により肌に潤いを与え保湿効果もたらします。保湿は“ぶつぶつ”だけでなく黒ずみケアにも必要な要素でもあります。

 

返金保証ありなのでリスク無しで始める事が可能

 

薬用アットベリーは公式サイトの定期コースで購入すると、180日間返金保証付きで購入することが可能です。

アットベリーは無添加素材の低刺激で作られていますので、他の黒ずみケアジェルと比べても比較的安全に使用することが可能ではありますが、背中や腕にできた“ぶつぶつ“をケアするのはちょっと不安ですよね?

薬用アットベリージェルは180日間返金保証が使えますので、もしも肌に合わずにトラブルが起こっても安心です。

 

実際に利用者の口コミでは

  • 肌がつるつるになった
  • 肌が柔らかくなった

といったような口コミも見られてますので、効果には期待ができそうです。しかし安全性はアットベリーのような保証がなければ安心はできません。

これを機会にアットベリーで綺麗な背中、腕を手に入れて見ませんか?

アットベリーの成分を調査!黒ずみやぶつぶつへの効果と安全性は?

薬用アットベリーの匂いケア成分は本当に効果あり?

薬用アットベリーは、ワキ、膝、肘などの黒ずみをケアすることが可能な黒ずみケアジェルです。そんなアットベリーは全身に使えて安全性が高いという特徴の他に、匂いケアもできるという特徴があります。

そんな薬用アットベリーのニオイケア成分の有効性とVIOの黒ずみへの効果を合わせて調べてみました。

 

薬用アットベリーの2つのニオイケア成分

薬用アットベリーには以下の2つのニオイケアを配合しています。

  • 桑キエス
  • 天然ビタミンE

 

桑エキスは、抗菌作用がある成分で雑菌の増殖を抑制される働きが期待できます。

天然ビタミンEは、ターンオーバーを促進させ肌の廊下を予防する働きに期待が出来ます。

これらのことから分かるのは、薬用アットベリーは、雑菌によるニオイを防ぐ働きがあるということが分かります。

 

ワキやVIOは、汗をかきやすく湿度がどうしても高くなり、蒸れやすく雑菌が増えやすいです。ワキやVIOのニオイは雑菌による原因のニオイが多く、ニオイを改善するためには雑菌の増殖を抑える必要があるのです。

 

薬用アットベリーは桑エキスの他にも、ワレモコウエキスといった成分にも抗菌作用がありますので、これらの2つの成分によりニオイをケアできます。

 

 

薬用アットベリーでニオイケアをする理由

 

ワキの匂いなんてスプレーを使えばOKだよ!

 

って、思われる方も多いと思いますが、エチケットスプレーを使用したニオイケアでは、今度は黒ずみが出来てしまう原因になります。

刺激になります↓

 

スプレーが毛穴につまり黒ずみに繋がる可能性がある他、スプレー自体が摩擦により刺激を与えメラニン色素を増やしてしまう可能性がありますので、スプレーによるニオイケアはおすすめできません。

 

ただし、薬用アットベリーのニオイケアはあくまでもサブ的な使い方となりますので、匂いに悩んでいるワキガなどの人の消臭対策としては使用することは期待できません。

ワキガを直すのでしたら、ワキガ専用のケア方法をオススメします。

 

アットベリーは添加物!有効性と安全性

 

アットベリーは無添加素材で作られているので全身に使用することが可能です。

VIOの黒ずみには使用できないものが多いですが、アットベリーはVIOにも使用することが出来ます。ただし、粘膜部位には使用できませんので、Iラインに使用する場合には注意が必要です。

 

添加物が入っていないといった謳い文句がありますが、あなたは添加物が配合された黒ずみジェルを使用する危険性をご存知でしょうか?

 

添加物が配合されたものを塗ってしまうと肌が弱い人には以下のような危険性があります。

  • ブツブツとしたものが出てきた
  • 肌が痒くなった

このような危険性がありますので、無添加素材の黒ずみケアジェルの使用はおすすめできません。

 

  • 合成香料
  • シリコン
  • 合成界面活性剤
  • 紫外線吸収剤
  • 鉱物油
  • アルコール
  • パラベン
  • 着色料

といった成分が使用されていませんので、他の黒ずみケアクリームよりも安全に使用することが可能です。

 

アットベリーのVIOラインへの効果とは?

 

女性の多くは、

  • 下着の締め付け
  • カミソリによる刺激

といった要因がVIOラインの黒ずみを増やしています。

薬用アットベリーは無添加なのでもちろんVIOラインにも使用することが出来ますし、ニオイケアにも有効です。

 

VIOラインの黒ずみを改善したいのはなぜですか?

 

彼氏や旦那さんのためですか?

黒ずみは自分で気づくことが出来ますが、匂いはなかなか自分では気が付きません。もしかしたら匂いによってがっかりさせてしまっている可能性もあるのです。

 

そこで薬用アットベリーのような匂いケアもできる黒ずみケアジェルを使うのをオススメします。

黒ずみ+ニオイケアで自信を持てるVIOラインを目指しましょう。

アットベリーの成分を調査!黒ずみやぶつぶつへの効果と安全性は?

薬用アットベリージェルを使って肌が痒い?配合成分に問題点は?

薬用アットベリージェルは肌の黒ずみ(ワキ・ヒザ・ヒジ)を改善する効果に期待ができる黒ずみケアジェルです。そんな薬用アットベリージェルは、無添加素材で作られているという大きな特徴があり、敏感肌や乾燥肌といった肌に刺激を与えたくない方たちに愛されている商品でもあります。

そんなアットベリージェルを使うと肌が痒くなってしまう心配はあるのでしょうか?

薬用アットベリージェルと痒みの関係性について調べてみました。

 

薬用アットベリージェルは痒みが出る成分は配合されていない

 

結論からお伝えすると、薬用アットベリージェルは、肌に痒みを与える成分は配合されていません。

 

そもそも化粧品を使って肌に痒みが出る原因は、添加物による肌荒れがほとんどです。

添加物は肌に刺激を与えやすく、

  • 痒み
  • 肌荒れ

といった症状を引き起こします。

 

薬用アットベリージェルは7つの無添加素材で作られており、このような痒みのような肌荒れを起こす心配はありません。

 

薬用アットベリージェルでの無添加成分はこちら。こちらの成分は一切配合していません。

  • 着色料
  • シリコン
  • 石油系界面活性剤
  • 紫外線吸収剤
  • 鉱物油
  • アルコール
  • パラベン

もちろん薬用アットベリージェルのその他の成分でも、危険性のある成分は配合されていませんでした。

 

薬用アットベリージェルは肌の痒みを抑える働きにも期待できる

 

アットベリージェルを使ってからの痒みや肌荒れをお伝えしてきましたが、もう既に肌の痒みに悩まされているかたもいるかと思います。

では、スキンケア商品を何も使っていないのに、痒みや肌荒れに悩んでいる方はどのような事が原因となっているのでしょうか?

 

それは「乾燥」です。

 

乾燥は人間の肌にとって一番の大敵。

薬用アットベリージェルでは、保湿成分をたっぷりと配合していますので、乾燥からの痒みを防ぐ事が可能です。

 

アットベリーの保湿成分はこちら

  • セラミド
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • エラスチン
  • トレハロース
  • アラントイン

また、炎症を抑える成分も配合されていますので、痒みやニキビなどにも有効です。

 

アットベリーの抗炎症成分はこちら

  • グリチルリチン酸2K
  • トウキエキス
  • アロエエキス
  • シャクヤクエキス

 

薬用アットベリーは様々なケアに対応

 

薬用アットベリージェルは、黒ずみを改善させるだけでなく、肌の痒みを改善させる働きにも期待ができるということが分かりました。

その他にも、肌のぶつぶつにも効果的と言われていますので、気になった方はチェックしてみてください。

アットベリーの成分を調査!黒ずみやぶつぶつへの効果と安全性は?

薬用アットベリージェルの効果を発揮するために私達にできる使い方

薬用アットベリージェルは二の腕、ワキ、膝、肘などにできた黒ずみやぶつぶつを改善することが出来る、口コミでも人気のジェルです。

そんな薬用アットベリーの使い方は、気になる黒ずみの部分に塗るだけでOKなのですが、

  • 本当に塗るだけで大丈夫なの?
  • もっと効果的に使うにはどうすればいい?

といった事が気になり、使い方について不安になることが多々あるかと思います。

 

そこで薬用アットベリージェルの効果を最大限に発揮させるべく、私達利用者ができる使い方について解説していきたいと思います。

 

アットベリージェルは2度塗りしないと駄目!

 

まず必要な使い方として、2度塗りをする必要があります。アットベリーの使い方を解説しているサイトを見てみると、できれば2度塗り、気になった部分だけ2度塗りといったように解説されていますが、薬用アットベリージェルを使う上で2度塗りは絶対に必要な使い方でもあります。

 

なぜ2度塗りが絶対に必要なのかといいますと、薬用アットベリージェルで2度塗りすることにより、黒ずみができるのを防ぐことが出来るからです。

 

  • 1回目に浸透させて黒ずみ改善効果
  • 2回目に浸透させて保湿のバリアを作り刺激を防ぐ効果

 

といった事ができ、保湿成分で身体にバリアを作ることで、外的からの刺激を防ぎ、刺激を防ぐことによりメラニン色素の生成を抑制させる働きに期待ができます。

アットベリーの保湿成分は高品質な保湿成分を6つ配合されていますよ。

この二度塗り処方の使い方により黒ずみに効果的にアプローチすることが可能になっているわけですね。

ですから私達は2度塗りをした使い方で効果的に黒ずみをケアする必要があります。

 

アットベリージェルは最低でも1ヶ月間は継続して使う必要がある!

 

薬用アットベリージェルの効果を最大限に発揮するのに絶対的に必要なのが継続的に塗り続けるということです。

これって口コミを見てみても意外とできていない人が多いんですよね…

 

そもそも黒ずみはメラニン色素が肌に沈着したことによって出来る跡です。色素沈着してしまった肌を改善させるためにはターンオーバーによって改善させるしかありません。(ターンオーバーとは肌の生まれ変わりの期間のことです)

薬用アットベリーではターンオーバーを促進さる事ができる成分を配合していますが、一般的にはターンオーバーで改善するには最低でも1ヶ月以上はかかると言われています。

 

ターンオーバーは年齢によっても異なります。

  • 10代→20日
  • 20代→28日
  • 30代→40日
  • 40代→55日
  • 50代→75日
  • 60代→100日

このターンオーバーの期間を数回繰り返すことで、黒ずみやぶつぶつを改善することが可能になります。

 

ターンオーバーは年齢の他にも肌質や体質によっても異なりますのではっきりと○ヶ月使えば改善できる!とは言い切ることができませんが、口コミを見て感じですと1ヶ月から1ヶ月半以上の期間を継続して使用することで、アットベリーの効果が現れている方が多かったです。

ですから私達は継続した使い方で効果的に黒ずみをケアする必要があります。

アットベリーの成分を調査!黒ずみやぶつぶつへの効果と安全性は?