薬用アットベリーの匂いケア成分は本当に効果あり?

薬用アットベリーは、ワキ、膝、肘などの黒ずみをケアすることが可能な黒ずみケアジェルです。そんなアットベリーは全身に使えて安全性が高いという特徴の他に、匂いケアもできるという特徴があります。

そんな薬用アットベリーのニオイケア成分の有効性とVIOの黒ずみへの効果を合わせて調べてみました。

 

薬用アットベリーの2つのニオイケア成分

薬用アットベリーには以下の2つのニオイケアを配合しています。

  • 桑キエス
  • 天然ビタミンE

 

桑エキスは、抗菌作用がある成分で雑菌の増殖を抑制される働きが期待できます。

天然ビタミンEは、ターンオーバーを促進させ肌の廊下を予防する働きに期待が出来ます。

これらのことから分かるのは、薬用アットベリーは、雑菌によるニオイを防ぐ働きがあるということが分かります。

 

ワキやVIOは、汗をかきやすく湿度がどうしても高くなり、蒸れやすく雑菌が増えやすいです。ワキやVIOのニオイは雑菌による原因のニオイが多く、ニオイを改善するためには雑菌の増殖を抑える必要があるのです。

 

薬用アットベリーは桑エキスの他にも、ワレモコウエキスといった成分にも抗菌作用がありますので、これらの2つの成分によりニオイをケアできます。

 

 

薬用アットベリーでニオイケアをする理由

 

ワキの匂いなんてスプレーを使えばOKだよ!

 

って、思われる方も多いと思いますが、エチケットスプレーを使用したニオイケアでは、今度は黒ずみが出来てしまう原因になります。

刺激になります↓

 

スプレーが毛穴につまり黒ずみに繋がる可能性がある他、スプレー自体が摩擦により刺激を与えメラニン色素を増やしてしまう可能性がありますので、スプレーによるニオイケアはおすすめできません。

 

ただし、薬用アットベリーのニオイケアはあくまでもサブ的な使い方となりますので、匂いに悩んでいるワキガなどの人の消臭対策としては使用することは期待できません。

ワキガを直すのでしたら、ワキガ専用のケア方法をオススメします。

 

アットベリーは添加物!有効性と安全性

 

アットベリーは無添加素材で作られているので全身に使用することが可能です。

VIOの黒ずみには使用できないものが多いですが、アットベリーはVIOにも使用することが出来ます。ただし、粘膜部位には使用できませんので、Iラインに使用する場合には注意が必要です。

 

添加物が入っていないといった謳い文句がありますが、あなたは添加物が配合された黒ずみジェルを使用する危険性をご存知でしょうか?

 

添加物が配合されたものを塗ってしまうと肌が弱い人には以下のような危険性があります。

  • ブツブツとしたものが出てきた
  • 肌が痒くなった

このような危険性がありますので、無添加素材の黒ずみケアジェルの使用はおすすめできません。

 

  • 合成香料
  • シリコン
  • 合成界面活性剤
  • 紫外線吸収剤
  • 鉱物油
  • アルコール
  • パラベン
  • 着色料

といった成分が使用されていませんので、他の黒ずみケアクリームよりも安全に使用することが可能です。

 

アットベリーのVIOラインへの効果とは?

 

女性の多くは、

  • 下着の締め付け
  • カミソリによる刺激

といった要因がVIOラインの黒ずみを増やしています。

薬用アットベリーは無添加なのでもちろんVIOラインにも使用することが出来ますし、ニオイケアにも有効です。

 

VIOラインの黒ずみを改善したいのはなぜですか?

 

彼氏や旦那さんのためですか?

黒ずみは自分で気づくことが出来ますが、匂いはなかなか自分では気が付きません。もしかしたら匂いによってがっかりさせてしまっている可能性もあるのです。

 

そこで薬用アットベリーのような匂いケアもできる黒ずみケアジェルを使うのをオススメします。

黒ずみ+ニオイケアで自信を持てるVIOラインを目指しましょう。

アットベリーの成分を調査!黒ずみやぶつぶつへの効果と安全性は?