薬用アットベリージェルを使って肌が痒い?配合成分に問題点は?

薬用アットベリージェルは肌の黒ずみ(ワキ・ヒザ・ヒジ)を改善する効果に期待ができる黒ずみケアジェルです。そんな薬用アットベリージェルは、無添加素材で作られているという大きな特徴があり、敏感肌や乾燥肌といった肌に刺激を与えたくない方たちに愛されている商品でもあります。

そんなアットベリージェルを使うと肌が痒くなってしまう心配はあるのでしょうか?

薬用アットベリージェルと痒みの関係性について調べてみました。

 

薬用アットベリージェルは痒みが出る成分は配合されていない

 

結論からお伝えすると、薬用アットベリージェルは、肌に痒みを与える成分は配合されていません。

 

そもそも化粧品を使って肌に痒みが出る原因は、添加物による肌荒れがほとんどです。

添加物は肌に刺激を与えやすく、

  • 痒み
  • 肌荒れ

といった症状を引き起こします。

 

薬用アットベリージェルは7つの無添加素材で作られており、このような痒みのような肌荒れを起こす心配はありません。

 

薬用アットベリージェルでの無添加成分はこちら。こちらの成分は一切配合していません。

  • 着色料
  • シリコン
  • 石油系界面活性剤
  • 紫外線吸収剤
  • 鉱物油
  • アルコール
  • パラベン

もちろん薬用アットベリージェルのその他の成分でも、危険性のある成分は配合されていませんでした。

 

薬用アットベリージェルは肌の痒みを抑える働きにも期待できる

 

アットベリージェルを使ってからの痒みや肌荒れをお伝えしてきましたが、もう既に肌の痒みに悩まされているかたもいるかと思います。

では、スキンケア商品を何も使っていないのに、痒みや肌荒れに悩んでいる方はどのような事が原因となっているのでしょうか?

 

それは「乾燥」です。

 

乾燥は人間の肌にとって一番の大敵。

薬用アットベリージェルでは、保湿成分をたっぷりと配合していますので、乾燥からの痒みを防ぐ事が可能です。

 

アットベリーの保湿成分はこちら

  • セラミド
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • エラスチン
  • トレハロース
  • アラントイン

また、炎症を抑える成分も配合されていますので、痒みやニキビなどにも有効です。

 

アットベリーの抗炎症成分はこちら

  • グリチルリチン酸2K
  • トウキエキス
  • アロエエキス
  • シャクヤクエキス

 

薬用アットベリーは様々なケアに対応

 

薬用アットベリージェルは、黒ずみを改善させるだけでなく、肌の痒みを改善させる働きにも期待ができるということが分かりました。

その他にも、肌のぶつぶつにも効果的と言われていますので、気になった方はチェックしてみてください。

アットベリーの成分を調査!黒ずみやぶつぶつへの効果と安全性は?