薬用アットベリージェルの効果を発揮するために私達にできる使い方

薬用アットベリージェルは二の腕、ワキ、膝、肘などにできた黒ずみやぶつぶつを改善することが出来る、口コミでも人気のジェルです。

そんな薬用アットベリーの使い方は、気になる黒ずみの部分に塗るだけでOKなのですが、

  • 本当に塗るだけで大丈夫なの?
  • もっと効果的に使うにはどうすればいい?

といった事が気になり、使い方について不安になることが多々あるかと思います。

 

そこで薬用アットベリージェルの効果を最大限に発揮させるべく、私達利用者ができる使い方について解説していきたいと思います。

 

アットベリージェルは2度塗りしないと駄目!

 

まず必要な使い方として、2度塗りをする必要があります。アットベリーの使い方を解説しているサイトを見てみると、できれば2度塗り、気になった部分だけ2度塗りといったように解説されていますが、薬用アットベリージェルを使う上で2度塗りは絶対に必要な使い方でもあります。

 

なぜ2度塗りが絶対に必要なのかといいますと、薬用アットベリージェルで2度塗りすることにより、黒ずみができるのを防ぐことが出来るからです。

 

  • 1回目に浸透させて黒ずみ改善効果
  • 2回目に浸透させて保湿のバリアを作り刺激を防ぐ効果

 

といった事ができ、保湿成分で身体にバリアを作ることで、外的からの刺激を防ぎ、刺激を防ぐことによりメラニン色素の生成を抑制させる働きに期待ができます。

アットベリーの保湿成分は高品質な保湿成分を6つ配合されていますよ。

この二度塗り処方の使い方により黒ずみに効果的にアプローチすることが可能になっているわけですね。

ですから私達は2度塗りをした使い方で効果的に黒ずみをケアする必要があります。

 

アットベリージェルは最低でも1ヶ月間は継続して使う必要がある!

 

薬用アットベリージェルの効果を最大限に発揮するのに絶対的に必要なのが継続的に塗り続けるということです。

これって口コミを見てみても意外とできていない人が多いんですよね…

 

そもそも黒ずみはメラニン色素が肌に沈着したことによって出来る跡です。色素沈着してしまった肌を改善させるためにはターンオーバーによって改善させるしかありません。(ターンオーバーとは肌の生まれ変わりの期間のことです)

薬用アットベリーではターンオーバーを促進さる事ができる成分を配合していますが、一般的にはターンオーバーで改善するには最低でも1ヶ月以上はかかると言われています。

 

ターンオーバーは年齢によっても異なります。

  • 10代→20日
  • 20代→28日
  • 30代→40日
  • 40代→55日
  • 50代→75日
  • 60代→100日

このターンオーバーの期間を数回繰り返すことで、黒ずみやぶつぶつを改善することが可能になります。

 

ターンオーバーは年齢の他にも肌質や体質によっても異なりますのではっきりと○ヶ月使えば改善できる!とは言い切ることができませんが、口コミを見て感じですと1ヶ月から1ヶ月半以上の期間を継続して使用することで、アットベリーの効果が現れている方が多かったです。

ですから私達は継続した使い方で効果的に黒ずみをケアする必要があります。

アットベリーの成分を調査!黒ずみやぶつぶつへの効果と安全性は?